サイト内検索
オススメリンク
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
外を歩く制服の女性

以前は制服やユニフォームをオーダーして作ろうとした時には、一度に大量に作らなければならず、また多額のお金が必要でした。

しかし最近は少数かつ少額で請け負ってくれる業者がいて、作りやすい環境にあります。その理由は個人で制作を請け負う人が増えてきたことにあります。最近では個人でホームページを作成するのが容易になり、それを使って副業感覚でしている人もいます。

今後はオーダーのし易さから、オリジナルなものが増えていきます。

オーダーについて
オーダーメイドとして、さまざまな物をオーダーして作成してくれる業社が近年増えてきています。
その中でも需要が多い業社の一つが、ユニフォームや制服であり、どちらとも、企業などに大切なイメージとなるため、需要が多いです。新しく企業を起こす会社でも利用します。そして、イメージを一新したい際にも利用されるところが多いです。

また、デザインだけではなく、企画やアフターフォローも徹底しているところが多いので、今後も需要はあると予想されます。

飲食店のユニフォーム

制服とは、中学校や高校が指定している洋服の一つであり、学校によって種類が違う事もあり購入する時にはオーダーをしなければなりません。

また、サイズも人によって違うために採寸を行ってから制服を購入しなければならないために、学校に入学する前に採寸を終えておかなければなりません。

最近では、学校側が入学する前に登校日を設ける事によってその際に、手続きを全て終わらせると言った事も行っているために、非常に便利です。

用語について説明をします。
オーダーとは、業者などに注文を発注する際に、様々な付加価値を付けてもらうようにする事を言います。
例えば、業者にユニフォームや制服などをオーダーする場合には、その物の色の指定とか、模様の指定、それに文字を入れるならば、どのような文字を入れるかとかの指定になります。

また、サイズの指定や、数の指定なんかもあります。いろんな指定方法があるので、注文する時には指定し忘れがないように、十分に考慮してから発注する事が望ましいです。

セーラー服の女性

制服とは、英語でいうユニフォームのことであり、ある集団に属する証明として指定されて着る服を意味します。また、それを着ることで業務をこなしやすくなるなど機能性を兼ね備えていることもあります。

代表的なものは学校や職業で指定された制服で、そのデザインはバリエーションに富み、学校ごとあるいは職業ごとに違っています。一般的に着用者の身体に合わせてオーダーすることが多く、購入の際には寸法を測ってサイズを決定します。

制服の歴史
制服は、学校や会社、警察など組織や団体に属する者が着用するために作られた服の事です。

明治維新直後に、学を志す者は幡校や私塾に着物で通っていましたが、だんだんと塾ごとに門徒の着こなしにそれぞれの違いが表れてきたようです。1873年、工学寮(後の工部大学校)の開校時に紺色の詰襟服を指定したことが、始まりと言われています。そして、今日の一般的な制服を制定してのは、帝国大学(東京大学)でありました。今後は、有名デザイナーによるものが増えていますが、それ以外に、有名モデルのデザインなどが取り入れられていくようになるのではないでしょうか。